ホーム > 製品情報一覧>HKT-5.6SAモニタ

視認性重視のハンディモニタ
HKT-5.6SAⅡ

持ち運びに便利、機動性重視のハンディモニタ − HKT-3.5/HKT-5.6 −

モニタの概要

モニタには画像保存機能が標準装備されており、内視鏡をお使いのその場ですぐに画像の保存・確認ができます。画像の保存形式はJPEG形式。SDカードに保存されるので、パソコンでも管理可能。撮った画像は様々な用途にお役立ていただけます。
電源は、屋外や電気設備のない場所でも使えるよう、ACアダプタの他に電池ホルダーも装備しています。

  • 主な機能
  • 主な特長
  • 接続のしかた
  • 寸法
  • 仕様

主な機能

  • ■ 鮮明なモニタ

    モニタサイズは鮮明な5.6インチ(葉書サイズ程度)TFT液晶を採用。
  • ■ LED照明の調光

    モニタについている『前の画像』『次の画像』の2つのボタンで、内視鏡カメラの明るさを6段階に調光できます。
LED照明の調光
  • ■ 場所を選ばない駆動電源

    電源はACアダプタ、または市販の乾電池のどちらでも駆動できます。屋外でも電気設備のない場所でも、場所を選ばずお使いいただけます。
  • ■ テレビへの接続

    NTSC入力端子のあるテレビなら機種を選ばす接続でき、内視鏡カメラからの映像をテレビ画面上に映し出すことができます。大勢で大きな画面で観察する時などに便利です。

主な特長

■ SDカードに画像保存

モニタの『保存』ボタンで、内視鏡で映している映像を静止画像としてSDカードに保存できます。画像の保存形式はJPEG形式。静止画像の入ったSDカードをパソコンに差し込めば、パソコン上で画像を見られることはもちろん、メールに添付したりなど、様々な用途にお役立ていただけます。

■ NTSC出力:

モニタの画像をテレビモニタに映し出すことができます。また、ビデオデッキに接続すれば、動画の保存も可能です。

■ 可変スタンド

モニタの角度が自由に変えられます。スタンドは折りたたんで収納しておけるので、すっきりとしたフォルムです。
可変スタンド

■ ガイド機能

モニタ画面の左上にLED照明の明るさ・撮影枚数・電池残量が表示されます。

接続のしかた

内視鏡とモニタの接続の仕方 HKT-5.6

< HKT-5.6SA オプション >

●USBビデオキャプチャーアダプタを内蔵すれば、モニタを普段使用しているパソコンに直接つなげることができ、パソコンの画面上にも内視鏡カメラからの映像を映し出すことができます。また、その映像をそのまま動画として保存することも可能です。

寸法図

HKT-5.6 モニターの寸法図

このページのトップへ↑

仕 様

5.6インチモニタ
型番 HKT-5.6SAⅡ
表示部 5.6インチTFTカラー液晶
画面サイズ 112 × 84mm
画素数 640 × 3(RGB) × 480
入力 HNL-
2.9CAM
HNL-
4.6CAM
MRU-
7
MRU-
8
MRU-
20
ISG-
4.6CAM
TUB-
4010CAM
出力 SDカード
NTSCビデオ出力
画像保存形式 JPEG
電源 ACアダプター(6V,2A)
単2乾電池4本(連続使用時間:3時間)
ユニットサイズ 138 × 134 × 52 mm
重量 800g
付属品 ACアダプター(6V,2A)
SDカード
RCAビデオケーブル(TVとの接続用)
オプション USBビデオキャプチャーアダプタ
専用ケース

*仕様は改良等のため予告なしに変更することがあります。
caution本品は工業用です。医療用としては使用しないで下さい。

このページのトップへ↑